資格

JNECネイリスト検定1級の合格率、難易度、試験対策や就職率

ネイル 資格 種類

JNECネイリスト技能検定1級試験内容と合格率

ネイリスト検定1級とは

ネイリスト検定1級の受験資格は、ネイリスト検定2級合格者が対象になります。
JNECネイリスト検定の最上位の資格となり、難易度も高いですが、ネイルサロンによっては1級取得者でないと面接をしないサロンもあり、1級はそれくらい実力がある事を証明できる資格になります。

ネイリスト検定1級試験試験日はいつ?

ネイリスト検定1級の試験日は、2級同様に4月と10月の年に2回実施されます。

ネイリスト検定1級試験合格率・難易度

1級は学科はきちんと学習すればさほど難しくはありませんが、実技が2級に比べても一気にレベルがあがり難易度が高くなります。
合格率は35%程で、1発合格は至難な資格と言われています。

範囲も赤ポリッシュからスカルプという幅広い技術が求められます。
ネイリスト検定1級合格者のインタビュー「チップオーバーレイとスカルプチャート3 Dアートを150分の間にやらなければいけず大変だった」と感想がありますが、そのあたりも参考にしてみてください。

ネイル資格 3級

ネイリスト検定1級取得は難易度が高いです。
合格には、検定対策の質が重要になります。

ビューティー資格ナビなら、合格率が高いネイルスクールだけを一括で資料請求できるので便利です。

まずは、資料を請求して費用などを比較してみましょう。

【無料】ビューティー資格ナビはコチラ

1年の中でも検定試験の近いこの時期は、3万円割引や受講料半額割引などキャンペーンが多くお得なタイミングになります。

ビューティー資格ナビネイル

ネイリスト検定1級試験対策のアドバイス

実際に1級合格者のアドバイスにもありますが、ネイリスト検定1級取得を目指すなら独学のみではやはり難しく、ネイルスクールに通うことをおすすめします。
ネイル通信講座を受講している方でも1級の試験対策としてスクーリングや対策セミナーに通い、技術を客観的にチェックして教えてもらいやっと合格できるというレベルになります。

2級は工程ではなく出来あがりの仕上がり具合を評価されますので、パッと見の印象で綺麗なネイルである事も合否に関係します。
そういった理由から、1級合格のためにはネイルのモデル選びも大切になります。
爪が見た目的にキレイな人で、ネイルヘッドが長く、Cカーブが入っている爪のモデルを選ぶ事ができると検定対策としてはベストですね。

ネイル通信でネイリスト検定1級合格を目指す場合

ネイルスクールに通っている場合、検定試験対策のセミナーやゼミは必須で参加する事をおすすめします。
また、ネイル通信講座で1級を目指す場合は、スクーリングを利用して苦手な点や不安な事は講師に確認して解決し、スキルの面でも講師のネイルアートを目で見て盗み、イメージトレーニングできるレベルまで落とし込みましょう。

今は、ネイル通信でも1級合格者は増えています。
スクーリングを上手に活用しながら合格を目指しましょう。

ネイリスト検定1級取得後の就職について

ネイル検定1級は難易度も高いですが、頑張って取得をするとそれだけ大きなメリットもあります。
実際にネイルサロンへ就職する際、サロンによっては1級以上でないと応募できないところも増えてきています。

また、1級取得者は即戦力としてすぐに働けるレベルという見方をされるので、2級や3級とは扱いが変わってきます。
1級を持っていた場合、基本給にプラスされたり、固定給以外の部分で手当などを付けてくれるサロンもあったりと、収入の面でも有利になる可能性も高くなります。

ネイリストとして働きながらネイリスト検定1級を目指すケースもありますが、働き出すと時間もなくなりますので、就職前に1級まで取得を目指せるのが理想的になりますね。

サロンのネイリストとして勤務する以外にプライベートサロンを開業する場合も、1級まで取得しているとお客様からの信頼度もアップしますし、
何と言ってもお客様のリクエストへの対応力に幅ができます。

ネイリストとしてのスキルは実際にネイリストデビューしてから磨かれますが、基礎をしっかりと身に付けていると成長スピードも上がります。

JNECネイリスト技能検定1級合格者の体験談インタビュー

ネイリスト検定1級合格者インタビュー

ネイリスト検定1級の難易度について教えてください
2級も難しかったんですけど、1級はさらに難しかったです。チップオーバーレイとスカルプチャート3 Dアートをやらなければいけないので、それを150分間でやるのはかなり至難の技でした。
初めからthemeを決められていて、告知されていたらいいんですけど、デザインのテーマはその時になってからしか発表されないので…その辺りも大変です。
デザインを考えてアートをしてアクリル使ってというのは。結構難しいと思います。全体の合格率も35%ということで一回で受かるのは至難の技で、わたしは二回受けました。
あなたのネイリスト検定1級合格までの道のり、勉強方法を教えて下さい。
勉強方法としては筆記は、テキストを読み込んで繰り返し覚えるという感じで普通の勉強と一緒でした。
ただ実技に関しては、学校の友達や地元の友達に協力をしてもらって繰り返しネイルアートのデザインや配色、速さ、アドリブ力を鍛えられるようにしました。
終わったら、学校の先生にみてもらって評価をしてもらう。どいうところが良くなかったのかを再検討していくようにしました。
またイベントや季節に合ったデザインをあらかじめ自分の中で設定して、どんなものかきても対応できるようにはしておきました。
ネイリスト検定1級を目指すにあたり、ネイルスクールで指導を受けるメリットやその理由など、おすすめの学習方法をアドバイスください。
正直、一級を受けるのであればネイリストのスクールに行ったほうがいいと思います。
なぜならば、デザインセンスを磨くにしても、自分のイメージと相手の思っているイメージの差違が出てくるので第三者からの評価が必要になってくると思うからです。
また技術に関しても自分ではここまで、できたということても、結局試験て求められる到達ではもっと上だったりするので、しっかりと公平な目で見てくれる第三者がいると言うのは試験を受けるにあたってかなり有利になると思います。
積極的に講師に話を聞きに行ったり自分のやったものを見てもらったり、とにかく密に会話をすするのが良かったです。
ネイリスト検定1級を取得すると就職には有利になるなど、どんな点でメリットがありますか?1級は目指すべきだと思いますか?
ネイルサロンで就職するにあたっては、一級を持っていた場合、お給料に固定給にプラスアルファがされることが多いので、収入が増えます。
ネイリスト自体は、お給料が高くはないので基本給が上がるのはかなり有利になります。
あとはやっぱり一級を持ってたら就職しやすいというのはありました。
もちろん何もなしで就職することも可能ですけど、一級持ってたらその場ですぐも働けるんだろうという見方をしてもらえるので、採用してもらうにあたって自分の望むお店に行きやすくはなるという印象があります。周りの一級取得者は結構みんな行きたいお店で比較的待遇もよく働いています
ネイル資格 3級

ネイリスト検定1級取得は難易度が高いです。
合格には、検定対策の質が重要になります。

ビューティー資格ナビなら、合格率が高いネイルスクールだけを一括で資料請求できるので便利です。

まずは、資料を請求して費用などを比較してみましょう。

【無料】ビューティー資格ナビはコチラ

1年の中でも検定試験の近いこの時期は、3万円割引や受講料半額割引などキャンペーンが多くお得なタイミングになります。