ネイル資格の種類や費用、学校や通信講座、独学での学び方の違い

安い費用でネイリストになるには

ネイリストになるには!知らなきゃ損をするこれからのネイルの資格

女性が手に職を付ける資格をめざすならネイル資格はおすすめです!ネイルの資格取得者の卒業後のサロンへの就職率は90%以上あります。起業する人も合わせると、ネイル資格取得者の約95%はネイリストとしての仕事に就けている状況です。

パンフレットを見ると各学校の就職率なども分かりますが、
ネイルスクールによって多少違いがあるものの、その就職率・転職率の高さに驚きます。

仕事に繋がる資格が欲しいなという女性に『ネイル資格』はオススメです。

ごあいさつ

当サイトは、ネイルの資格の取得とネイリストになる為の方法を正しく知って頂く事を目的とし2012年から長い間運営を継続しています。

プロのネイリストになる為の専門アドバイザーとして2018年もサポートしてまいります。

ネイル 資格
あなたがネイルの資格に興味をもっている理由は何ですか?

  • ネイリストになるため
  • セルフネイルが上手にできる様になりたい
  • いざと言う時の為に手に職を付けておきたい

どんな目的であろうと、共通して大切な事があります。

それは、最後まで諦めずにやり遂げられる環境を手に入れることだと思います。

ネイルの資格取得をめざして始めたネイルの勉強も、
途中で挫折をしてしまったり、ネイルスクールの環境が合わずにやめてしまったら、お金はもちろんですが何より時間がもったいないですよね。

まずは、自分にぴったり合った環境に身を置いて、やりたい事に向かって集中してネイルのスキルを高められる事が何よりも大切です。

その為に大切なステップを先にお伝えしておきます。

ネイルの資格を取り切る為に必要な3ステップ

失敗しない為の3ステップ

①先入観なしで、まずは有名校、人気校、小さくても評判の良いネイルスクール、通信講座までひと通りのパンフレットを取り寄せる

②届いたパンフレットを見ながら、カリキュラム、授業料、認定講師の数、就職までのサポート、練習環境、マンツーマン制・少人数制などの授業体制などを徹底的に比較します

③興味のあるネイル学校をピックアップしたら、体験レッスンに参加してみる

有名校だからといって、必ずしも自分に合うとは限りませんし、人の噂や評判だけで判断するのは危険です。

ネイルスクールを比較する際は、一旦フラットな目線で各内容を比較し、その上で気になった学校には直接足を運んでみる事をおすすめしています。

お住まいの地域によっては体験レッスンの参加が難しい場合もあると思います。
その場合でも、最低でも電話でやりとりをして、直近の就職率やサポート体制など気になる点を質問をして直接やりとりをしてみる事をおすすめします。

  • 実は、有名なネイルスクールよりも高い就職率を誇る学校もあります。
  • パンフレットにはホームページでは掲載していない割引キャンペーンの情報も入っている事もある。
  • 資料は、就職率が高く信頼のおける学校のパンフレットが一括請求できビューティー資格ナビの利用がオススメ。

実は、有名なネイルスクールよりも高い就職率を誇る学校もあります。

ネイルスクール選びは就職率の高いネイルスクールを選ぶ事も大事なポイントです。
就職率の高い学校の特徴として

  • 就職先との信頼関係が築けていて、毎年一定数の募集枠がある
  • ネイルサロン直営のネイルスクール
  • 就職サポートが充実している(卒業後も就職できるまでサポートしてくれる)

逆に、有名校でも就職サポートが弱い学校もあります。
スクール選びでは就職サポートの充実度も必ずチェックしましょう。

パンフレットにはホームページでは掲載していない割引キャンペーンの情報も入っています。

入学金無料や受講料の割引情報になりますが、紙切れ1枚だったりするので見逃さないように注意してくださいね!

就職率が高く信頼のおける学校のパンフレットが一括請求できるビューティー資格ナビが人気。

ネイル 資格

ネイリストの卵たちにビューティー資格ナビが人気の理由

  • プロ向けの学校から趣味志向のネイルスクールまで信頼のおけるスクールが全てそろっていること
  • 3分から5分程度の一度の入力で、すべてのスクールの資料請求を完了できるカンタンさ
  • 検定試験合格率の高い学校・就職率の高いネイルスクールが集まっている

現在プロのネイリストとして活躍するネイリストの多くが、ビューティー資格ナビから資料請求することからネイリストの第一歩を踏み出しています。

是非、自分にぴったりのネイルスクールを見つけてください。

資料が届いたか不明な場合には確認の連絡がある場合もありますが、しつこい売り込みなどはありません。

強引な売り込みもないのでじっくり比較できますし、他にはない豊富な情報量で1回で必要な情報収集ができる点が
忙しいOLにもビューティー資格ナビが指示される理由のようです。

【無料】ビューティー資格ナビ資料一括請求サービスはコチラ

1年の中でも検定試験の近いこの時期は、3万円割引や受講料半額割引などキャンペーンが多くお得なタイミングになります。

ネイル資格の市場のニーズと年齢や属性の傾向

美容系の資格は女性が手に職を付けるという意味で人気がありました。

美容師はもちろん、メイクアップアーティスト、エステティシャン、アロマテラピー、リフレクソロジーなど、いずれも女性の資格ランキング常連の資格ですが、その中で今ダントツ人気なのがネイル。

※ビューティー資格ナビ調査

2位がメイクになってますが、資料請求の数は1位のネイルと10倍も差があるらしいですから驚きです。

しかも、ネイリストを目指す女性の世代層の中心は、10代ではなく、実は20代後半のOLの割合が多いってご存知でした?

ネイル 資格,ネイリスト 資格

なぜ今、20代後半の女性、とくにOLたちに『ネイルの資格』がこんなにも人気なのでしょうか?

なぜ20代OLにネイルの資格が人気なのか?

市場の動きに敏感なOLたちは知っているんですね。
成長期にある今後のネイルの市場を可能性を!

ネイル 資格 OL

通信講座で就職、転職できるレベルの資格が手軽に取れるのがOLや主婦にネイル資格が人気の一番の理由です。
女性でも手に職をつける資格やスキルに注目が集まっていますが、その中でも仕事に結び付きやすいネイルの資格が特に人気が集まっています。

OLにネイル資格が人気の3つの理由

  • ネイル資格は、就職や転職を考えた時、今後も継続的に市場の拡大とニーズを見込める資格であるから
  • ネイル資格は、仕事をしながらでも学べ、かつ仕事に結び付きやすく転職の武器になる
  • 将来、独立開業という道も選択でき、海外での活動も可能なネイリストという職業を目指せる資格であるから

就職や転職目的以外でも、
セルフネイルや趣味ネイルとして、自分の気に入ったデザインのネイルアートを自在に出来るようになりたいからというニーズもネイル資格の人気の理由です。

せっかく頑張って取った資格なのに、何の意味があるかわからないというお守り的な資格ではなく、仕事に直結する即戦力となる資格は実は少ないものです。
ネイル資格は、取得しておくと仕事に結び付きやすいので、本当の意味での手に職を付ける資格と言えるでしょう。

ネイル資格は主婦層からも人気

ネイル資格の市場調査を見ると、OLの40%の次に多いのが主婦の27%になっています。
子育てが終わり社会復帰を目指す主婦や、子供に手がかからなくなるタイミングで働きに出ようとする主婦にとって、就職や仕事に結び付きやすいネイル資格の取得は、社会復帰への近道になります。

ネイル資格は20代だけでなく30代、40代女性と幅広い年齢層から指示される

今、ネイル資格をめざそうとする方の中には、ネイルって若い子ばかりで30代の自分がネイルスクールに通ったら浮いてしまうのでは?と年齢を気にされている方もいるかもしれませんね。

でも、実はネイルは40代、50代まで幅広く人気のある資格の為、特に年齢を気にする必要はありません。

むしろ、ネイル資格取得後、サロンへの就職を考えた時には、社会経験豊富な30代40代の方を優先して採用してくれるサロンも多くあります。年齢は関係ありません。

ネイル資格が女性に人気の理由まとめ

ネイル資格 メリット

ネイル資格を取得する最大のメリットは仕事に結び付きやすい即戦力になる資格であるという点が最大の魅力です。

ネイリスト検定の3級は合格率が9割以上ですし、普通にネイルの勉強をすれば合格するレベルです。
まずはここから始めると、自分のネイルアートができる様になるので楽しみが広がりますよ。

では、昼間仕事をしているOLや主婦の方たちはどうやって働きながらネイルスクールの講座を受講してネイルの資格まで取得しているのでしょうか?

ネイル資格を取得するまでの学び方についてみていきましょう。

ネイル資格の学び方とメリット・デメリット

ネイル 資格 通信

ネイル資格取得に向けての学習方法としては、大きく分けてネイル学校に通う通学制とネイルスクールが提供する通信講座、それから自分で勉強する独学の3つに分けられます。

スクーリングとは、通信講座を受講しながら、技術スキルの指導や検定試験対策などのポイントでネイルスクールに足を運び直接授業を受ける制度です。

ネイル資格の学び方
  • 通学制
  • 通信講座
  • 独学

通学制のカリキュラムでネイルの資格を目指す

通学制のメリット

  • ネイルスクールの講師から直接指導を受けれる事で、上達が早い。
  • 学校の仲間との切磋琢磨でモチベーションや向上心の向上が期待できる
  • 間違っている部分や苦手な事をその場で指摘して貰え、その場で改善できる
  • 就職先の紹介など、サポートが充実している

通学制のデメリット

  • 時間の確保が必要
  • 受講費用がそれなりに高い

通信講座でネイル資格を目指す

通信講座のメリット

  • 自分の時間に合わせてネイルの学習ができる
  • 受講費用が通学制よりも安く抑える事ができる
  • 人間関係や年齢差などを気にしなくて良い

通信講座のデメリット

  • 毎日直接指導を受けれる通学制に比べて、学習スピードが遅くなりがち
  • 間違って理解している事に気づくのが遅れる
  • ライバルや切磋琢磨する仲間がいないので、モチベーションの維持が難しくなる

独学でネイル資格を目指す

独学のメリット

  • ネイル資格取得の為の学習費用を安く抑える事ができる

独学のデメリット

  • テキストやカリキュラムなど、すべて自分で調べて学習する必要がある
  • ネイルアートで一番大切とされる、技術的な基礎を身に付けられない可能性が高い

ネイル通信講座のデメリットが大幅改善

ネイル 資格 通信
通信講座だとプロのネイリストになるのは難しいのではないか?
その辺の不安について、最新の通信講座の状況をシェアしますね!

ネイル資格を取得するには、通信講座では難しいと言われていた時代がありました。
特にネイル検定1級は、通信講座では無理だとすら言われていました。

その理由は、高度な技術を通信講座だけで身に付けるのは不可能だからです。

ところが、近年のネイル通信講座は教材が工夫され、通信講座でネイリスト目指すデメリットがグっと減りました。

結論から言いますね。

  • DVDが手元のアップで撮影され、細かい部分まで確認できるようになった
  • スクーリング制の導入で、難しいネイルアートなどを直接ネイル講師から指導を受けれる様になった
  • ストリーミング配信のネイル通信講座がスタート

特に大きいのが、2017年にヒューマンアカデミーネイル通信講座「たのまな」でスタートしたストリーミング配信のネイル通信講座です。

DVDでの学習も手元のアップなど改善は目覚ましかったのですが、ストリーミング配信になった事で、パソコンがない時でもスマホやタブレットでいつでもどこでも学習できるようになったんです。

電車の移動中にネイルアートの動画を観ながら学習する事もできますし、トイレ中や料理の合間などのちょっとした隙間時間を利用してネイルの学習が可能になりました。

このストリーミング配信によるネイルの学習と、スクーリングによる技術指導を受けれる事で、ネイル通信講座のデメリットが大きく減りました。

今後、ヒューマンアカデミーのネイル通信講座の様なストリーミング配信のネイル通信講座が増えてくると予想されます。

ネイル通信講座はこんな人におすすめ

  • 昼間、ネイルスクールに通う事が難しいが、働きながらネイル資格を目指したい方
  • 子育てや家事があって、決まった時間帯に時間を確保できない主婦の方
  • 年齢層が広いネイルの資格とはいえ、学校に通うのには少し抵抗がある方
  • 男性の方で、女性ばかりのネイルスクールに通うのに抵抗がある方
  • 地方にお住まいで、近くに通える良いネイル学校がない方

ネイルの資格はネイリスト検定1級まで目指すべき?2級ではだめ?

ネイル資格を目指すとき、ネイリスト検定の何級まで目指すべきですか?という質問をよく受けます。

正直、ネイリスト検定の1級までを取得するのがスキル的にはおすすめにはなりますが、
一概にすべての方がネイリスト検定1級を目指す必要はないのかなとも思います。

やはり一番大切なのは、自分がネイルの資格を取得して、どんな働き方をしたいか?
何を目指すのか?

だと思います。

あくまで目安ではありますが、ネイルの仕事の現場で求められるネイル資格のレベルをまとめておきます。

ネイル 資格 種類

ネイルサロン勤務で求められるネイル資格レベル

ネイル資格を取得した方は、ネイルサロンで働くケースが一番多いわけですが、実はネイルサロンへの就職で求められるネイル資格のレベルはバラバラです。
とは言え、ネイルサロン次第ですでは参考になりませんので、おおまかな基準をお伝えしたいと思います。

  • 基本はネイリスト検定2級以上が有利
  • 中には、ネイル検定1級以上でないと採用しないネイルサロンもある
  • ネイリスト検定3級でも雇ってくれるサロンもありますが、給料の面で基本給が安くなったり、アルバイト採用のケースが多くなる

出張ネイリスト・ブライダルネイルに求められるネイル資格

出張ネイリストや、結婚式場でのブライダルネイルを担当する場合、この資格がないとできないというルールもないので、無資格でも可能といえば可能ではあります。
しかし、出張ネイリストなどは、自由な様で責任を自分で負う立場で仕事をするわけですので、最低ネイリスト検定2級までの取得が推奨されます。ネイルスクールでは1級までの取得を進めるところが多いでしょう。

独立開業でプライベートサロン経営する為に求められるネイル資格レベル

プライベートサロンを独立開業する場合も、必須で求められるネイル資格と言うのはありません。
無資格で開業するケースも中にはあります。

しかし、最近はデザイン重視のジェルネイルも繊細なアートが必要になってきていますし、3Gネイルなどの注文も増えています。
ネイルアートをしたお客様に喜んで頂き、次も足を運んで頂く為には、1回1回が勝負の世界です。
ネイルサロンの開業をしたからには、得意不得意があっては許されない厳しい世界です。
資格としては、やはりできればネイリスト検定1級取得を目指すべきではないでしょうか。

とは言え、2級までを取得し現場で実践ベースでスキルを磨くという考え方もありますし、
あくまで考え方の参考にして頂ければと思います。

ネイルの資格の種類と受講費用

ネイル 資格 費用

ネイリストに関連するネイルの資格は、JNECネイリスト技能検定、JNAジェルネイル技能検定が有名ですが、その他にもネイルサロン衛生管理士やJNA認定講師資格試験など、目指すレベルや目的によっていくつかの資格があります。

  • JNECネイリスト技能検定
  • JNAジェルネイル技能検定
  • ネイルサロン衛生管理士
  • JNA認定講師資格試験
  • 海外ライセンス(アメリカ・オーストラリア)
  • ネイルスペシャリスト技能検定試験(I-NAIL-A主催)

JNECネイリスト技能検定

特徴

JNECネイリスト技能検定は、3級から1級までにレベルごとに分かれています。

JNECネイリスト技能検定3級

ネイルケア、カラーリング、ネイルアート

JNECネイリスト技能検定2級

ネイルケア、カラーリング、ネイルアート、チップ&ラップ

JNECネイリスト技能検定1級

アクリルチップオーバーレイ、アクリルスカルプチュア、ミックスメディアアート

受験費用

ネイリスト技能検定3級が6,600円
ネイリスト技能検定2級が、8,800円
ネイリスト技能検定1級が、11,000円
となっています。

サロンが求めるJNECネイリスト資格レベル

プロのネイリストを目指すのであれば、ネイリスト技能検定1級まで取得する事をおすすめします。
ネイルサロンによってはネイリスト技能検定3級でも見習いのアルバイトとして雇ってくれるサロンもありますが、時給も安いですし何よりも基本が出来ていないので技術の取得が遅くなります。

検定受験費用 開催回数
ネイリスト技能検定3級 6,600円 年4回
ネイリスト技能検定2級 8,800円 年4回
ネイリスト技能検定1級 1,1000円 年2回

JNAジェルネイル技能検定

特徴

JNAジェルネイル技能検定は、初級から始まり、中級、上級の3つに分かれています。

JNAジェルネイル技能検定の実技試験内容

JNAジェルネイル技能検定初級

ネイルケア、カラーリング(ポリッシュ・ジェル)ジェルアート

JNAジェルネイル技能検定中級

ネイルケア、カラーリング(ポリッシュ・ジェル)ジェルアート、目るオフ、グラデーション、フレンチ、ジェルスカルプチュア

JNAジェルネイル技能検定上級

ジェルスカルプチュア、ジェルチップオーバーレイ、フレンチ、ジェルデザイン

OLの為のネイルスクールの資料でチェックすべきポイント

ネイルスクール 資料

ネイルの学校はたくさんありますので、どのネイルスクールに通うか迷うと思います。

でも、限られた予算の中でも必ず自分にピッタリのネイルスクールを見つけられるはずです!

ネイルスクールの資料が届いたら、必ずチェックすべきポイントをピックアップしますね!

NA/JNE検定試験対策とサポート内容
すべての生徒さんを「検定合格に導く」自信のもと、全てのコースに検定合格保証を設けている学校もあります。
もし、在学中に合格できなかったとしても、卒業後もしっかりとした指導を通じ、合格するまでフォローしてくれます。

通信制か通学制か?フリータイム制の内容は?少人数制で受講可能か?
急な残業が多い会社に務めるOLの方は、欠席した場合でも無料でフリーレッスンを受けれる学校を選択すると良いでしょう。

また、18歳未満のお子さんがいるママなら通学講座が10%割引になる
支援制度を用意したネイルスクールもあります。

就職サポート制度&再就職支援制度
ネイルスクールは就職率がとても良い学校がたくさんあります。就職率100%をめざして、
もし、希望の就職先に就職出来なかった場合、就職が決まるまで無料でネイルのレッスンと個人指導の面談など
充実した就職サポートを受けれるネイルスクールもあります。

また、結婚や育児で一時的に仕事を離れ、一段落したら仕事に復帰される人も多くいます。
そういった方の為に育児や家事をこなしながら続けることが出来るネイルのパートタイムのお仕事の紹介を
してくれるネイルスクールもありますよ。

直営のネイルサロンを経営しているか
やはり直営でネイルサロンを経営しているネイルスクールは就職に断然強いですね!
資料が届いたら、必ずチェックすべき必須のポイントです。

カリキュラムと費用について
自分の取りたい資格を取得する為の費用をチェックしましょう。
予算の中でも自分に最適なネイルの学校はきっとあるはずです!

ネイルスクール在校生、修了生の声まとめ

ネイルの資格
ネイリストになる前は派遣社員として事務の仕事をしていました。
ネイルサロンに行ってみて自分の爪がこんなにキレイになるんだ!と感動して、
ネイリストに興味を持ちました。ネイルスクールを受講するキッカケは
そのネイルサロンの担当の方「私でも出来たんだから、大丈夫ですよ~」の一言でした。
ネイルスクール在校生Mさん
当時、OLとして5年ほど務めていました。ネイルスクールの受講を決めたキッカケは転職でした。
仕事にやり甲斐を感じていませんでしたので、転職を考えるようになりいくつか候補があったのですが、
やはり手に職が付くネイルの仕事に魅力を感じました。
実際スクールで資格の勉強をしてみて大変なところもありましたが、
自分の好きな仕事が一生ものの仕事になったことの喜びを毎日感じています。
現役ネイルスクール在校生Nさん
どこのネイルスクールにしようか迷いましがた、少人数制が決め手でした。
少人数のクラスメイトと相談しながら試験対策に取り組んだり、ネイルの技術を競い合ったり
とても良い環境で実践的なことば学べました。
ネイルサロン勤務Hさん(資格:ネイリスト技能検定1級取得)
自分の爪にはコンプレックスを感じていましたが、ネイルサロンで綺麗な爪を体験してから、
自分の爪を見るのが好きになりました。
同じ幸せを与えられるネイルの仕事は素晴らしいと思います。
ネイルサロン勤務Kさん(資格:ネイリスト技能検定1級取得)
思った以上にネイルは難しと知りました。
ネイルスクールでネイルの奥深さや基礎の大切さを実感できました。
今はネイル講師を勤めながら、自宅でサロンを開業しています。
ネイルスクール講師兼サロン開業Tさん(資格:ネイリスト技能検定1級/ジェルネイル技能試験上級取得)
こネイルの技術的な指導やサロン運営の知識など幅広く勉強する事が出来ました。
インターンシップによる現場体験もとても貴重な体験となりました。
今は、サロンを開業して、リピーターのお客様も増え始め充実した日々を過ごしています。
一生ものの職業でもあるネイリストという仕事に誇りを持っています。
サロン開業Sさん(資格k:ネイリスト技能検定1級取得)
大学4年生で就職活動をしていましたが、ネイリストへの夢がどんどん大きくなり、
就職活動をストップしてネイルスクールの講座に通い初めました。
憧れのネイリストになれ、今はとても生き生きと仕事をしています!
ネイルサロン勤務Gさん(資格:ネイリスト技能検定1級取得)

ネイル資格に関するよくある質問

ネイル 資格

ネイルは資格が必要?資格なしだとネイリストになれない?

ネイリストになるために、必須の資格は現時点ではありません。自宅でネイルサロンを開業する場合も同様に必須で必要なネイルの資格はありません。しかし、プロのネイリストとして仕事をするためには現実的にはネイリスト検定の2級以上を目指す事をおすすめします。

ネイル資格は手先が不器用でゼロからの初心者でも取れますか?

ネイリストを目指す時に、手先の不器用さというのを心配する方は多くいらっしゃいます。正直ネイリストは才能や手先の器用さでする仕事ではありません。負けず嫌いなガッツと日々の鍛練で一流のネイリストになれます。黒崎えり子ネイルビューティーカレッジの黒崎えり子さんは、在学時代、誰よりも練習をする練習の虫だったという話は有名です。

夜間しか時間がない働きながらでもネイルの資格は取れる?

働きながらネイルの資格取得を目指す場合、夜間の受講が可能な学校を選ぶ事で昼間は仕事をし、仕事が終わってからネイルスクールに通う事が可能です。各ネイルスクールによって夜間の受講の可否が違うので、パンフレットで確認してみてください。

高校生でもネイリストになれる?

最近は、高校に通いながらネイルスクールに通う生徒も増えています。また高校生でもアルバイトとして働かせてもらえるサロンもあります。高校を卒業後にネイリストになりたいと目標が決まっているのであれば、高校に通いながらネイルの勉強もし資格取得を目指すことは将来を自分の意志で決定する意味でも素晴らしい事だと思います。

ネイルサロンで働きながらネイルの資格を取得する事は可能?

ネイルサロンで働きながらネイルの資格取得を目指す方も多くいます。ただし、ネイルサロンでの仕事はお客さまの時間に合わせた施術が最優先となります。基礎を学ぶという意味ではネイルスクールでしっかりと学ぶ事が結果的に近道であるとも言えます。

ネイル資格を最短で取得するには

ネイルの資格を最短で目指すなら、ネイルスクールで集中的に勉強する事をおすすめします。独学は費用が安くなるかもしれませんが、結果的に時間が多くかかる傾向が強いです。最短でネイル資格を狙うなら、認定校のネイリスト検定対策を受講するのが圧倒的に有利で確実です。

ネイリストの資格の難易度は

ネイリスト検定3級・2級およびジェルネイル検定初級・中級・上級の難易度はそう高くありません。ネイリスト検定1級はネイリストの中でも難易度が高いと言われる資格になりますが、それゆえに1級を持っているとサロンに就職する際も大きなアドバンテージとなります。

男性でもネイルの資格は取得できる?

男性ネイリストも増えて来ています。ネイルの資格を取得したくても、ネイルスクールに通う生徒が女性がかりだと恥ずかしいという男性もいるかと思います。しかし、入学前に各ネイルスクールに在学している男性のせいとの数なんかも質問できますし、実際入学したら女性も男性も関係なく切磋琢磨できるライバルとなりますので、ネイリストになりたい夢があるのでしたら思い切って飛び込んでみてはいかがでしょうか。

ネイルスクールに通う年齢

ネイル資格取得者の一番多い年代は20代となりますが、30代の女性も20%も占めます。また40代が10%、50代が5%程度の割合となっているようです。ネイルの資格は割と年齢層が広い資格の部類になるかと思います。

ネイル資格とプロのネイリストになる学校選び まとめ

まとめ
  • ネイリストとしてプロを目指すなら、最低でもネイリスト検定2級、ジェルネイル検定中級(できれば上級)を目指そう!
  • ネイルスクール在学中にネイリスト検定1級を取得できると、就職にもかなり有利
  • ネイル通信講座は、ヒューマンアカデミーたのまなかクラスタイルの通信講座がおすすめ!
  • ネイリストという職業は夢のある仕事である!
  • ネイルスクール選びを失敗しない為には、まずは資料を取り寄せて比較するのが大事!

ネイル資格
まずは、最新版の資料を取り寄せて比較してみましょう!

ネットの口コミや噂よりも、自分のリサーチや直感が大切です。

【無料】ビューティー資格ナビ資料一括請求サービスはコチラ

1年の中でも検定試験の近いこの時期は、3万円割引や受講料半額割引などキャンペーンが多くお得なタイミングになります。